• トップ /
  • 賃貸集合住宅の騒音問題

賃貸である騒音の問題

賃貸集合住宅の騒音問題

賃貸集合住宅にありがちな騒音

賃貸集合住宅にありがちな騒音としては、風鈴やペットの鳴き声が挙げられます。これは24時間のべつまくなしに出される騒音という点で、深刻になりがちです。ペット禁止物件であっても、家主が大手である場合は、あまり規制が厳しくなく、放置されがちであるため、解決は難しい面があります。風鈴も、わざわざ戸外に吊るす人が多く、1年中吊るしていることもあるため、気になる人にとっては大きな問題となります。賃貸ですから、結局は耐えられない人が引っ越すことになる事態になりがちです。持ち家と違い、自由に動ける点は、メリットと言えます。

物件での問題を解決する

賃貸物件に住んでいるうえでの問題の解決法ですが、まず第一に大切なことは自分だけで解決しようと思わないことです。生活上、さまざまな問題点が出てくることがあるでしょう。マンションやアパートなどの共同住宅であれば、近隣の生活音やペットの鳴き声などの騒音であったり、一戸建てや連棟などの貸家であれば、雨漏りや建具の不具合など建物自体にトラブルが起きたり、設備が故障したりなどはよくあるケースですが、気になることは賃貸物件の管理者にすぐに連絡をし、指示をあおぐことです。物件によっては家主が管理をしていたり、管理会社が入っている物件もあるので、まずどこに連絡をしたらよいか入居前に確認をすることが大切です。

↑PAGE TOP