• トップ /
  • 賃貸で起こりがちなゴミ問題

賃貸で起こりうる問題

賃貸で起こりがちなゴミ問題

賃貸ではゴミ出しルールを守る!

ほとんどのマンションなどの賃貸では、ゴミを出す場所と時間が決まっています。場所だけ決まっていて、時間は自由というところもありますが、それでも分別は必要ですし、それを行なっていないと業者が持っていってくれないので、非常に迷惑をかけることになります。出す場所と時間が決まっている場合には、しっかりと自治体ごとのルールやマナーを守って処理することが大切です。夏場などの暑い季節には、匂いが発生しやすい生ゴミなどには特に注意が必要です。賃貸では問題になりやすい部分ですので、自治体のルールとマナーをしっかりと守るとともに、匂いには注意することが大切です。

アパートでありがちな問題とは

賃貸アパートでありがちな問題は住民が大きな音で騒ぐ騒音と、害虫による被害です。騒音については賃貸アパートに住んでいる住民に大家が呼びかけ、相談をすることで解決につながります。ただ、大音量で聞き続けたいと住民が言った時は、耳にイヤホンをつけて聞くように説得しましょう。イヤホンをつけて聞いて頂ければ、周囲に音が漏れる心配はありません。害虫による被害は、ネズミやゴキブリなどが発生した状況の場合がほとんどです。ホームセンターやドラッグストアに行くと、ゴキブリ対策やネズミ駆除用の罠が販売しています。それらの罠を適切に設置すれば対処可能です。

↑PAGE TOP